大人のためのマネーレッスン

アクセスカウンタ

RSS Vol.15 はじめてのキャッシング、ここがポイント

<<   作成日時 : 2011/02/18 14:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 この春、何かと出費が多いんです。引越を決めた途端に、親戚から結婚式の招待状もやってきて…。キャッシングやカードローンって、実際のところどうなんでしょうか?


いまどきのキャッシング事情


 キャッシングやカードローンは、他のローンに比べると、審査がかんたんでスピーディ、担保も不要、お金の使い道が自由ということで、とても使いやすいローンです。

 キャッシング用のカードを一度作ってしまえば、あとは銀行やコンビニのATMからまるで自分の預金感覚でお金を引き出すことができます。便利ですよね。

 ただし、預金は自分のお金ですが、キャッシングは自分のお金ではありませんから、利息が必ずついてきます。そこの感覚がマヒしてしまうと、安易に借入を繰り返してしまうから怖いんですね。

 かんたんで便利なキャッシングだからこそ、利用する前にちゃんと金利や法律のことも知っておいて欲しいんです。

 最近の傾向としては、2010年6月に貸金業法が改正されてから、「グレーゾーン金利」(利息制限法での上限金利を超えて、出資法の上限金利は超えない金利帯)での貸出が禁止されています。さらに、年収の3分の1までしかお金を借りられないようにする「総量規制」もスタートしています。

 複数の金融機関でだれがいくら借りているのかといった情報が共有化されているので、2社以上に分けてお金を借りた場合でも、借入総額が年収の3分の1を超えられないようになっています。そのため、A社で借りたお金をB者の借金で返済するということがしにくくなりました。

 ひと昔前は、本当に困った人がこっそり借りるイメージの強かったキャッシングですが、最近では、たくさんの人が利用するようになったため、法律の規制も厳しくなり、だいぶ健全化されてきています。見方を変えると、上限いっぱいまでお金を借りて返済が厳しくなってからでは以前よりも利用しにくくなっています。使いすぎにはくれぐれも気をつけましょう。

少額融資、短期返済がポイント


 カードローンの金利は年利5−18%程度。住宅ローン(1−3%前後)や自動車ローン(2−4%前後)に比べると、かなり高めに設定されています。

 それはなぜか。お金を貸す側にとってみれば、返済が滞ったときに備えて担保があり、年収や勤続年数なども書類で厳しく審査する住宅ローンに比べると、誰でも借りやすいカードローンは、「お金が返ってこないリスクが高い」と考えられます。だからその分金利が高くなっているんですね。

 ただし、住宅ローンが数千万円単位を30年前後の長期で借りることが多いのに対して、キャッシングが向いているのは、あくまでも少額をちょこっと借りたいときですよね。

 実際に支払う利息は「金利」「借入額」「返済期間」で決まります。利息は一日単位で計算されるので、「必要な額だけ借りて」「とにかく1日でも早く返す」を心がければ、利息の負担を抑えることができますよ。

支払利息を計算しよう


 では、実際にどのくらいの利息を払うことになるのかシミュレーションしてみましょう。

例)20万円を年率15%で借りて、2年間で返済した場合
 毎月返済額 9697円
 総返済額  9697円×24回=232728円
 うち利息分 32728円

 15%といわれてもピンと来ないかもしれませんが、あらかじめいくら払うかを計算しておくと、計画的にお金を借りることができますね。

 金融広報中央委員会「知るぽると」のウェブサイトで誰もが無料で利用できる、資金プランしっかりシミュレーション(https://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/index.html)のなかから、「借入返済額シミュレーション」のツールを利用して計算してみました。自分の場合はどんなふうになるか、金額・金利・返済期間を入れ替えて、試算してみましょう。

画像


                    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

画像


 分割払いではなく一括返済をした場合にはどのようになるでしょうか?以下の計算式に当てはめて計算してみましょう。

【カードローンの支払い利息の計算式】
借入残高×実質年率÷365日×利用日数=利息

 ここでは先ほどと同様に、20万円を年率15%で借りて、30日後に一括返済した場合で計算してみます。

20万円×15%÷365日×30日=2465(円)
※各社のルールによって金額が前後することがあります。
 ※一括返済できないこともあります。あらかじめご確認ください。

 同じ金額を借りても、1ヵ月後に返済するのなら、利息は2465円になります。2年の分割払いに比べると、利息の負担はずいぶん軽減されますね。

 かんたん便利なキャッシングだからこそ、安易な借り入れ癖がつくとあとが大変です。本当に必要かどうかを考えながら、かしこく使いこなしてくださいね。

テーマ

月別リンク