大人のためのマネーレッスン

アクセスカウンタ

RSS Vol.05 体験レポート!自動車保険一括見積もり

<<   作成日時 : 2010/03/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


テレビでよく見かける自動車保険のコマーシャル。インターネットで見積もりを依頼すると安くなるというけれど、いったいどの程度安くなるのでしょうか?実際に自動車保険一括見積りサイトで見直しにチャレンジしてみました。


自動車保険を一括見積り


自動車保険の保険料は、家庭によって全然違います。実際に保険会社によってどのくらい保険料が変わるのか気になったので、自動車保険の更新時期が近づいてきた母と一緒に、見積もりにチャレンジしてみました。

現在加入している保険は、自動車ディーラーに勧められるままに入った保険。トヨタ社のポルテに3年近く乗っていて、保険料を年間64,360円払っています。

■現在の保障内容
年齢条件35歳以上保障(運転者制限なし)
使用目的日常・レジャー
対人補償無制限
対物補償無制限
無保険車補償保険2億円
人身傷害保険3000万円
搭乗者傷害補償1000万円
車両保険90万円
年間保険料  64,360円


今回は、いくつもの自動車保険会社から見積もりが取れる一括見積りサイトを利用してみました。補償内容をほとんど変えないで、どのくらい保険料を安くできるのか比較してみました。

今回は、BIGLOBEマネーの「自動車保険一括見積り」を使用しました。まずは画面の指示にしたがって、保険料の見積もりに必要なこの3つを用意しました。
(1)車検証
(2)運転免許証
(3)加入中の自動車保険証券

見積もりで聞かれるのはココ!


最初に、保険をつけたいクルマについて、車名や最初の登録年月日などが聞かれます。自動車保険の保険料は、車種ごとに過去の事故率などに基づいて決められた「料率クラス」によって変わります。安全運転の人がたくさん乗っているクルマを選ぶと、保険料が安くなるんですね。

続いて、クルマに乗る頻度や目的、年間走行距離などが聞かれます。「業務」や、「通勤・通学」で毎日車に乗る人よりも、「日常・レジャー」でたまにクルマに乗る人の方が、事故を起こすリスクが低いと考えられます。だからその分、保険料が安くなります。

続いて、主に運転する人についての質問です。クルマに乗る人を家族に限定したり、35歳以上など一定の年齢で絞ったりしていくと、保険料を安くできます。また、安全運転をしている証のゴールド免許保持者は、ブルーやグリーンの免許よりもいい条件で保険に入れます。

現在加入している保険がある人は、ノンフリート等級も必ず聞かれます。ノンフリート等級とは、保険料の割増率、割引率を定めたもの。1年間無事故の場合には等級が1つ上がり、事故をおこして保険の支払いを受けた場合には等級が3つ下がります。無事故で何年も保険を更新していると、保険料がどんどん安くなるんですね。

こうやって見ていくと、自動車保険の保険料っていろんな条件でずいぶん変わりますよね。今回見積もりをした母の条件はというと、
年齢条件35歳以上保障(運転者制限なし)
使用目的日常・レジャー
ノンフリート等級20等級

と、一般的にみてもなかなかの好条件。ただし、現在、別の家に暮らしている私もときどき実家に帰ってはクルマを運転しているため、家族限定割引が使えないこと、それからゴールド免許でないことが、保険料を上げる要因となっています。

見積もり結果はいったいどのようになるのでしょう?

保険料が3万円ダウン!


条件を入力して、「見積もり」ボタンを押すと、あっという間に2社から見積もり結果が自動送信されてきました。あまりの早さにびっくりです。さらに、その後も見積もりが届き、結局5社の見積もりが揃いました。

入力内容によって、好条件がでそうな保険会社をピックアップして見積もりが送信されるので、とても手軽で便利です。
■見積もり結果
加入中インターネットで見積もりした自動車保険
A社B社C社D社E社F社
対人賠償無制限
対物賠償無制限
無保険車傷害保険2億円
人身傷害保険3000万円
搭乗者傷害保険1000万円
車両保険金額90万円70万円60万円90万円75万円
ファミリーケア特別見舞金なし100万円なし
運転者年齢条件35歳以上30歳以上35歳以上
保険料64,360円49,300円47,880円45,450円34,850円38,290円


保険料を比べてみてびっくり。見積もりがきた5社すべてが、今加入しているものよりも安くなりました。一番安いところでは、保険料が34,850円で、今の保険料64,360円から、約3万円も安くなりました。

自動車保険選びでは、保険料だけでなく、万が一事故を起こした時にしっかり対応してくれるかどうかが気になるところ。事故時の対応なんて、身近な口コミ情報ではなかなか入ってこないので不安だったのですが、一括見積りをしたサイトから、ユーザーによるアンケート結果がメールで送られてきました。

そこには、保険会社ごとの満足度ランキングや、保険会社ごとの事故対応評価アンケート結果などが載っていました。事故後の対応スピードや、交渉結果、担当者のアドバイスや態度など、いろんな角度から比較されているので、保険会社を絞り込むのにとても参考になりました。

結局、最も保険料が安かった会社が、ランキングでも比較的上位に入っていたので、コールセンターにも相談しながら最終的にそこを選ぶことにしました。

見積もりを始める前は、顔が見えないと思っていた自動車保険でしたが、こうやってたくさんの情報に触れて、事故時の対応などについて調べていくうちに、とてもきめ細やかな対応がされていることがわかりました。いつの間にか不安が解消されて、安心して見直せたのがよかったです。

家計の見直しを考えているなら、自動車保険の見直しにもぜひチャレンジしてみてくださいね。

テーマ

月別リンク