大人のためのマネーレッスン

アクセスカウンタ

RSS Vol.10 タイプ別!ネット銀行徹底比較

<<   作成日時 : 2010/09/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


「預金金利が高い」「手数料が安い」「24時間使える」ネット銀行は、少しでも得したい!忙しくて銀行に行く時間がない!という方にとって、とても心強い存在です。各ネット銀行の特徴を知って、目的にあわせて選んでいきましょう。


金利の高さで選ぶ


店舗を持たないネット銀行は、土地代や人件費が抑えられる分、店舗型の銀行よりも預金金利が高めに設定されています。ただし、ネット銀行によっては、公共料金の引き落としができないところもあって、メインバンクとして使うには不便を感じることもあります。メインバンクとしては店舗型の銀行を使い、サブ銀行として目的に応じたネット銀行を使っていくといいでしょう。メインバンクのATMやよく行くコンビニのATM で、手数料無料で入出金ができるところを選ぶと便利に使えますよ。

残業代が多めに入った月や、ボーナスや子ども手当などの臨時収入があったとき、普通預金口座にそのままお金を残しておいてはいつの間にか使ってしまいます。そこで、臨時収入があったときには、すぐにネット銀行の普通預金口座にお金を移しておきましょう。金利はあまり高くはありませんが、普通預金ならいつでも引き出せるので、とり置きしたいお金の保管場所としては最適です。

普通預金残高がある程度まとまったら、いよいよネット定期で運用しましょう。9月20日現在の各ネット銀行の 1年定期預金金利は図1のとおり、0.2%程度のところが多くなっています。都市銀行のスーパー定期1年物が0.04%前後程度なので、都市銀行の5倍の金利がついていると考えられます。

図1.預金金利が高いネット銀行
ネット定期(1年)条件など
住信SBIネット銀行0.5%9月30日までのキャンペーン金利
愛媛銀行四国八十八ヵ所支店0.56%2011年3月末までに
100万円預けた場合
オリックス信託銀行0.3%100万円以上1円単位
楽天銀行0.22%1万円以上1円単位
ソニー銀行0.205%1万円以上1円単位


住信SBIネット銀行や、愛媛銀行四国八十八ヵ所支店の金利が高めになっていますが、これは期間限定のキャンペーンを行っているから。こうした金利上乗せキャンペーンを行っている銀行を狙うと、お得に預金できます。

振込手数料の安さで選ぶ


家賃やお稽古ごとのお月謝、年会費、通信販売やオークションの代金など、毎月なにかと振込み作業が多いという方は、振込手数料の安いネット銀行を選びましょう。他行宛ての振込みが多いなら、月3回まで手数料無料で振込みができる住信SBIネット銀行は嬉しい存在です。楽天銀行も給与振込口座として利用していれば、月3回まで他行宛て振込みが無料で利用できます。

オリックス信託銀行では、eダイレクト預金(インターネット専用預金)から月2回まで他行宛て振込みが無料で利用できます。こちらの銀行の定期預金は100万円からとややハードルが高いものの、金利が他行よりも高めに設定されている点でも注目です。

ネット専業銀行ではありませんが、預金残高など所定の条件を満たせば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行でも、月3回まで他行宛て振込みが無料で利用できます。すでに口座を持っている人は、インターネットサービスも活用してみましょう。

図2.ネット利用で振込手数料が安くなる銀行
自行あて振込手数料他行あて振込手数料
(3万円未満)
住信SBIネット銀行0円月3回まで無料、
4回目から1回150円
楽天銀行50円160円
(給与振込口座に指定すると
月3回まで無料)
オリックス信託銀行0円月2回まで無料
(eダイレクト預金の場合)
みずほ銀行0円月3回まで無料
(預金残高50万円以上で、みずほダイレクトから振込む場合)
三菱東京UFJ銀行0円月3回まで無料
(預金残高500万円以上で、三菱東京UFJダイレクトから振込む場合)


外貨預金は為替手数料の安さで選ぶ


円高をいかして外貨投資をはじめよう!という場合には、為替手数料の安さに注目しましょう。最も為替手数料が安いのは、住信SBIネット銀行。一般的に外貨預金の為替手数料は1米ドルあたり片道1円程度かかることが多いのですが、こちらは片道0.2円で交換できます。

ソニー銀行と楽天銀行の為替手数料は、1ドルあたり0.25円。ソニー銀行では、外貨定期預金や外貨MMFでの運用ができるほか、運用したお金を外貨のまま引き出したり、外貨のまま送金したりすることができます。海外旅行に行くときに外貨のまま使いたい、留学している家族に送金したいというときにも利用しやすくなっています。

図3.外貨預金の為替手数料が安いネット銀行
為替手数料(米ドル片道)条件など
住信SBIネット銀行0.2円8通貨取り扱い。
米ドルは10米ドル相当から
楽天銀行0.25円7通貨取り扱い。
預け入れは10万円相当から
ソニー銀行0.25円8通貨取り扱い。
外貨で引き出しや送金ができる

テーマ

月別リンク